土壌への各種作用
 「楽農美人」は、酵母エキスと核酸、アミノ酸(プロリン)などを用いた花芽形成促進因子に、さらに土壌環境の浄化能力の高い「好熱性複合微生物」を配合し、ミネラル分豊富な海洋深層水で培養された農業用の特殊液体肥料です。この好熱性複合微生物は、太古から自然の中を生き抜いて来た微生物で常温微生物とは異なり、高温領域に生息し耐熱性酵素などの安定な機能成分によって極限環境でも生育でき、有益な微生物の増殖を助けることにより有害な微生物を静める機能を備えております。
★☆★ 含有微生物 (好熱性複合微生物) ★☆★
Thermophilic actinomycetes MH-1
 好熱性放線菌サーモフィリック・アクチノマイシス MH-1 
Bacillus stearothermophilus CH-4
 好熱性細菌バシラス・ステアロサーモフィラス CH-4
C-1,which is nearly related to Bacillus brevis
 バシラス・ブレビスと近縁の種であると推定される好熱性細菌C-1株
C-3,which is nearly related to Bacillus brevis
 バシラス・ブレビスと近縁の種であると推定される好熱性細菌C-3株
 ※好熱性複合微生物については、株式会社三六九の特許製品です。
  【国際登録済:ATCC・PTA-1773】【日本国特許:第3146305】
楽農美人のページ
→土壌への各種作用
 楽農美人の効果
 ご使用方法
楽農工房のページ
News
関連リンク
お問い合せはこちらへ

「楽農美人」の土壌中でのはたらき(概念図)
次のページへページ先頭へホーム
Copyright (C) 2004-2005 Keiyo Plant Engineering Co., LTD.
All rights reserved.