京葉ガス株式会社

新規事業としてバイオ関連分析サービスを開始 

 クリーンで地球にやさしい天然ガス。京葉ガスは、このエネルギーを軸に環境と調和した「快適な明日」を実現するために情熱を傾けています。新しい未来がひらける21世紀。豊かな明日のために、次代を担う子供たちのために、よりよい未来を追求し続けます。
 また京葉ガスは2004年より日環科学と共同で、発酵食品や堆肥などの複合微生物による発酵系を解析する新手法「バイオ・トレース」を事業化いたしました。当該事業は、子会社である京葉プラントエンジニアリング株式会社並びに千葉大発ベンチャー株式会社サーマスに技術移管致しました。
株式会社サーマス
 京葉プラントエンジニアリング株式会社

楽農家族シリーズの事業主体 

 京葉プラントエンジニアリングは、1979(昭和54)年、京葉ガス株式会社の卓越した技術とノウハウを全面的に引き継いで誕生した総合エンジニアリング会社です。都市ガスに関わるプラント分野はもとより、石油、化学、環境保全および原子力関連施設の計画・設計・調達・建設・運転支援からメンテナンスまで、活躍の場を拡大してまいりました。
 これらのプラント建設に関わる機器・配管・電気・計装・土木・建築および非破壊検査・電気防食などの一貫したエンジニアリングを提供しています。
 日環科学株式会社

微生物制御技術を支える研究開発型ベンチャー 

 2000年に創業した日環科学は、海洋深層水・好熱性細菌などの次世代マテリアルを利用した環境・生命科学関連技術の最新研究を多角的に推進し、リサイクル、レメディエーション、プロバイオティクス、オーガニック... といった時代のキーワードを次々と具現化するベンチャー企業です。千葉大学や京葉ガスグループをはじめとした産学連携コラボを数多く手がけています。
 楽農家族シリーズは日環科学の技術サポートで誕生しました。
 株式会社サーマス(千葉大発ベンチャー)

極限環境微生物の培養管理、並びに機能性農畜産品の開発 

 業務提携先である日環科学株式会社と株式会社三六九、共同研究先である千葉大学大学院融合科学研究科の児玉浩明教授、並びに宮本浩邦客員准教授とともに2013年1月31日に設立しました。株式会社サーマスでは、京葉プラントエンジニアリンク株式会社が新製品であるブタミンエースのコア微生物などの培養管理、並びに農畜産現場から生産される食材の流通支援を実施します。そのために、食材自体、並びにその生産現場の環境管理についてトータルのコーディネートを推進していきます。

 

楽農美人のページ
 土壌への各種作用
 楽農美人の効果
 ご使用方法
楽農工房のページ
News
→関連リンク
お問い合せはこちらへ
ページ先頭へホーム
Copyright (C) 2004-2005 Keiyo Plant Engineering Co., LTD.
All rights reserved.